パソコンをレンタルして気を付けることとは?

パソコンをレンタルしたら、何を置いても期限までにきちんと返すように気をつけましょう。各社とも、期限を過ぎても返還されなかった場合は延滞料金を課しており、その金額は高めです。貸し出している会社では最新機器をそろえていて、次の予約が入っていることが多いため、期限を過ぎても返されない場合は営業に多大な支障が出ます。延長して借り続けたくなった場合は、各社の規定に従い、事前に連絡しておきましょう。また、借りているときには紛失に気をつけることも大事です。故障については、自然故障なら不可抗力であり、借り手に責任はありませんが、過失によるものなら修理費用を負担することになります。修理不可能なほど壊してしまった場合は、弁済しなくてはなりません。取り扱いには、常識の範囲内での注意は必要となります。

期限内に返すのが鉄則。遅れたら延滞金が

パソコンを借りたら、期限内に返すのが鉄則です。レンタル会社では最新モデルを取りそろえており、予約が次々と入ることが多いです。申し込んだ期間よりも長く借りたくなったら、1週間から3日くらい前までに延長を申し出る決まりとなっている場合が多いようです。その手続きをしないまま、延長することはできません。返すのが遅れたら、延滞料金が発生します。その金額は一般的に、かなり割高です。次の予約が入っていることが多く、契約期間を過ぎても戻って来ないと、営業上、支障をきたすので、致し方のない面があります。返送期日を守ることは、PCを借りるうえでのたいへん大事なルールですから、遅れないよう、十分気をつけましょう。借り手が予約したPCが期日までに届くのも、返送あってのことです。

紛失や過失による故障に気をつける

借りたものですから、常識的な使用をしたあと、そのまま返さなくてはなりません。パソコンというのは、故障しやすく、ある意味消耗品でもありますので、自分が借りているときに、ちょうど寿命を迎えたということもあります。ハードディスクや電源、マザーボードなどは特に故障しやすく、レンタル品であるため移動の衝撃なども加わりやすい面がありますので、自然故障はありがちなことです。その場合、借り手に責任が問われることはありません。しかし、水をこぼしたり、落下させたりして壊れた場合は、修理費用を借り手が負担することになります。修理不可能なほど壊れていたら、新品の金額を請求されることはありませんが、弁済する必要はあります。会社によっては、紛失したり、修理できないほど壊したりしたときの弁済金の上限を、PCごとに定めていることもあります。